ふくろうさんのホーホー日記

司法試験受験生の雑感

読もうと考えている論文リスト

TwitterでさんざんRTしてきたわけだが、あまりTLを荒らしてしまうとミュートされてしまう(既にされている)ので、ブログに適宜まとめながら、整理しておくことにしよう。

 

法律時報

2020年11月

www.nippyo.co.jp

差別解消法と条例の展開ーーヘイトスピーチ問題を例に展望する・2 尊厳とヘイト……遠藤比呂通

 

2020年5月号

www.nippyo.co.jp

憲法改正憲法変遷  ——ドイツ連邦共和国憲法における安定性と動態性の関係についての考察  ウヴェ・フォルクマン (村山美樹 訳)

消費者法の作り方——規範の基底価値・存在形式・内容・5 消費貸借法制と行動経済学……西内康人

2021年5月号

www.nippyo.co.jp

同氏合意による区別と平等権――第二次夫婦別姓訴訟を素材に   ……木村草太  「密」への権利(上)   

――コロナ禍の政治的言説状況に関する若干の問題提起……山羽祥貴 憲法訴訟の醸成――実務と学説が導く可能性・2

判例

判例回顧と展望2020」

www.nippyo.co.jp

地方議会最大判も掲載されているだろうし、憲法はマストで確認するべきかな。民事系の判例もアップデートしなければならないので、読んでおきたい。

 

重要判例解説令和2年度

www.yuhikaku.co.jp

仕方ないのだが、地方議会最大判は未掲載らしい。原爆症認定における要医療性要件の判断、少年保護事件を題材とした論文とプライバシー権侵害、RTにおける氏名表示権侵害等については検討してみよう。

書籍

統治論に基づく人口比例選挙訴訟3

www.nippyo.co.jp

3ってことは1,2もあるのだろうか。

選挙システム論についても百選所収の判例たちとともに勉強したいと思っているので、何か参考になりそうだったら、参照することにしよう。

 

あいちトリエンナーレ「展示中止」事件:表現の不自由と日本

www.amazon.co.jp

図書館から借りたが積ん読状態になっている本。

セミの昨年7月号と併せて読もうと思っている。事実関係の整理にも時間がかかるので、憲法的な評価は一層先になりそう。今年の夏までにそれなりの整理をしてみようと思う。

 

www.jijitsu.net

あいちトリエンナーレの問題点や争点については、このサイトがかなり整理されているように思った。

 

news.yahoo.co.jp

 あいちトリエンナーレについては、世間をそれなりに騒がせたこともあって(当時はコロナなんてない平和な世界でもあったなあ)、それなりにネット記事がそれなりの本数出ているかなと思った。

 

法学セミナー2021年6月号

www.nippyo.co.jp

 学問の自由を統治機構から見るというのは、まさしく昨年の学術会議問題を憲法的なテーマで語ろうというコンセプトなのだろうか。

以前は曽我部先生のゼミ紹介だったが、次は寺田先生のゼミ紹介なのか。最近は大島先生といい、好きな先生がたくさん出てくるなあ。

木下寄稿がものすごく気になる。法律案の違憲審査において審査基準の定立は必要か?2020年度の司法試験から検討するそう、予備の短答が終わったら予備論文やロー入試だけではなく、新司法試験の過去問検討も本格的に開始したい。

 

ロボット・AIと法

www.yuhikaku.co.jp

やはり、AIと憲法を考える上での古典になりつつある。18年執筆というが、ここでの議論がどこまで妥当するものか、検討してみよう。

 

論究ジュリストNo.36

www.yuhikaku.co.jp

買ったけど読んでないので、きちんと読みましょう。

 

民事執行・民事保全法

www.yuhikaku.co.jp

LQシリーズで民事執行・保全法はアツいかもしれない。

図書館に発注かけておこう、

 

プライバシー権の再構成

www.yuhikaku.co.jp

音無論文は読み応えありそうなので、なるべく早く手を付けたい所。

 

論文

萩原淳「近代日本の司法関係資料の現状と司法政治史研究の現在」『政策科学・国際関係論集(琉球大学)』21号(2021年3月)

 

str.toyokeizai.net

松岡啓祐「粉飾決算におけるIPOに関する主幹事証券会社の責任(最判令和2年12月22日の速報解説)」(ビジネス法務2021.5・53頁)

国民投票法改正案

 

 後で読む論文 NBL 1193(2021.5.1)号 情報漏えい・サイバーセキュリティインシデント発生時の実務対応(3・完)    蔦 大輔 米国個人情報・プライバシー保護法制をつかむ(第5回)   米国における個人情報の収集、利用及び開示に関する規制    松前恵環

法学教室No485 倒産法の勘どころ 論ジュリ2020年秋 倒産・事業再生の実務と理論 平成30、31、令和2年度司法試験国際私法&倒産法